果実の支柱、りんご、桃、雪害対策、アルミパイプのことならファミリークボタ

ビニールハウス雪害対策

  • HOME »
  • ビニールハウス雪害対策

 

木らく棒のビニールハウス雪害対策

今年もビニールハウスの被害が多くでました。これは10年前(平成15年)にもビニールハウスで雪害被害にあった長野県中野市地域での現在(平成26年)の写真です。

支柱の「木らく棒」を使用した時と使用しないハウスの違いです。

同じ場所でのこの違い、解りますか!

ハウス、1棟いくら掛りましたか!

立て直す時間と労費プラス果実苗の植え替えで莫大な費用と年数がかかります。

チットした心がけ次第でプラス、マイナス10年の損益の差がでます。(ぶどうの場合植えてから5年)

豪雪地帯での「木らく棒」のビニールハウス内は、80~1mの間隔で設置いたします。

雪害以外は5~7m間隔ですが、日ごろ予備として所有しておくことも大切です。

ビニールハウスの雪害対策等の場合(写真参照)

●U型鉄パイプの下にゴムホース(ボロの布かダンボールでも良い)

を挟みパイプを締める

 

製品は国産(三協アルミ) コピー製品にご注意

JA主体 資材

お気軽にお問い合わせください TEL 026-221-7151 受付時間 8:30 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]
御注文は、お電話かFAXでお願い致します

PAGETOP
Copyright © 有限会社ファミリークボタ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.