果樹の支柱、りんご・桃・ぶどう、ビニールハウス雪害対策、果実の支柱専門店ファミリークボタ

ビニールハウス雪害対策

  • HOME »
  • ビニールハウス雪害対策

冬のビニールハウスを守る 木らく棒

毎年、雪によるビニールハウスの被害が多くでております。平成15年にもビニールハウスで雪害にあった長野県中野市地域での平成26年の写真です。

支柱「木らく棒」を使用したハウスと使用していないハウスの違いです。

同じ場所でのこの違い!

ビニールハウス、1棟いくら掛かりましたか!

立て直す時間と労力、さらに果実苗の植替えで莫大な費用と年数がかかります。

ちょっとした心がけ次第でプラス、マイナス10年の損益の差がでます。(ぶどうの場合植えてから5年)

豪雪地帯でのビニールハウス内には「木らく棒」を80㎝~1mの間隔で設置します。

雪害対策以外は5~7m間隔ですが、日ごろ予備として所有しておくことも大切です。

↓ビニールハウスの雪害対策等の使用例(写真参照)

●ビニールハウス用フックの上にゴムホース(ボロの布かダンボールでも良い)を挟み、

ビニールハウスのパイプを締める

木らく棒は三協アルミ社製(コピー商品にご注意)

お気軽にお問い合わせください TEL 026-221-7151 FAX:026-222-2860

PAGETOP
Copyright © 有限会社ファミリークボタ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.